2020.3.5 ブログ

【相模原市緑区 外壁・屋根塗装】「ご夫婦で悩んだ家の色。思い出を残すクリア塗装!」

こんにちは!神奈川県相模原市、町田市、八王子市で外壁、屋根の塗装・リフォームも行う株式会社「絆」(KIZUNA)です。

先日、相模原市緑区で外壁と屋根塗装、シーリングの打ち替え、ベランダ遮熱トップコートをご依頼いただいたお客様の施工事例をご紹介します!

 

工事内容

外壁塗装、キクスイSPパワーフッ素クリヤー

屋根塗装、サーモアイ4F

シーリング打ち替え、オートンイクシード

ベランダ遮熱トップコート

 

Before

相模原市、町田市、八王子市の外壁・屋根塗装工事

相模原市の外壁・屋根塗装 クリア塗装

 

施工担当者より

施工が始まったばかりでまだAfter写真はありませんが、クリア塗装なので外壁の色はこのまま保ちます。

建築後10年ほどが経つということで、メンテナンスのご依頼に直接オフィスまでいらっしゃいました。お客様の中では新築時にご夫婦で悩んで決めたサイディングの色を残したいと考えていたそうです。サイディングの色は、ほとんどのお客様が思い入れを持っており、そのままにしたいというご希望も多いです。

建てて10年くらいでしたらクリア塗装で保護することができます!

 

しかし、年数が経ちすぎてサイディングが傷んでしまっているとクリア塗装ができない場合もあります。年数が経つとサイディングの隙間を埋めるコーキングがやせ細り、両側面に隙間が出来てしまいます。するとそこから雨水などが入り込み、サイディングが痛む原因となるのです。

サイディングの表面は工場出荷時に防水加工が施されていますので、表面は守られていますが、断面の側面や裏側は防水加工が施されていません。ですので雨水が「浸透→膨張→乾燥」といった影響を受けてしまうのです。

 

サイディングがお気に入りで、思い出を残したいという方は、早めのメンテナンスでクリア塗装による施工をおすすめします!

loading