2024.1.18 ブログ

外壁塗装工事って本当に必要なの?

新築から10年を過ぎたら

外壁塗装工事は必要です。

外壁塗装は建物の外側を保護

するための重要な要素であり、

日々の風雨や太陽光による

劣化や汚れから守る役割を

果たしています。

しかし、時間とともに外壁塗膜

は劣化してしまい、ひび割れや浮き、

色あせカビ、藻などの問題が発生し、

外壁の保護機能が徐々に

低下してしまいます。

 

 

外壁塗装工事は既存の劣化した

塗膜を取り除き新しい塗膜を

塗布することで外壁は

再び蘇ります。この外壁塗装工事

により、外壁の耐久性や防水性を

向上させるだけでなく、

建物の外観を美しく保つことも

可能です。

また、外壁塗装工事には断熱効果

や省エネ効果も期待できます。

遮熱塗料や断熱塗料を使用する

ことで建物の断熱性能を

向上させ、冷暖房の効果を

高めることができます。

これにより、エネルギーの無駄を

減らし、結果的に光熱費の

節約にもつながります。

外壁塗装工事は定期的な

メンテナンスとして行われることが

推奨されており、一般の住宅は

10年から15年ごとに行われることが

多いです。しかし、地域や環境によっては

より短い間隔での施工が必要

となる場合もあります。

外壁塗装工事は

建物の寿命と美観を保つ上で非常に

重要な工事ですので、

定期的な点検や適切な時期に

工事を行うことが必要です。

相模原市、町田市、八王子市に

お住まいの皆様は株式会社絆でも

相談を受け付けています。

適切な塗料や施工方法を選ぶことで、

建物は長寿命化しますので、

地元の専門業者に外壁塗装工事は

依頼しましょう!

外壁塗装工事と同じく

屋根の塗装工事も必要です。

屋根は外部の気候変化や紫外線に

さらされ、時間とともに

劣化していきます。その結果、

屋根材の色褪せや劣化、

防水性能の低下などが起こります。

屋根塗装工事を行うことで、

以下のようなメリットがあります。

1. 外観の美観の維持:塗装工事は

屋根の色褪せや汚れを取り除き、

新しい屋根のような美しい外観を

取り戻します。

2. 防水性能の向上:塗装材には

耐水性や耐候性があり、

屋根材の劣化や雨漏りの防止に

効果的です。

3. 耐久性の向上:塗装工事により、

屋根材の寿命を延ばすことができます。

4. 断熱効果の向上:特殊な塗料を

使用することで、屋根の断熱性を

向上させることができます。

また、塗装工事は定期的に

行うことで、より効果的に上記の

メリットを享受することができます

ただし、屋根の状態や材料に

よっては、塗装工事ではなく

カバー工法や葺き替えが必要な

場合もあります。屋根塗装は

施工実績豊富な地元業者に相談し、

適切な工事方法を選ぶことをお勧めします

株式会社絆でも随時相談を受け付けています

現地調査は

私、半澤はお伺いします!

外壁塗装工事の調査の際、

大切にしている事は、正直にお客様に伝える事です

劣化状況を外壁診断士としてしっかり調査します。

触診、打診、漏水が疑われる箇所には

散水検査なども事前に行い、

必要な工事に適正な予算をかけれるよう

無駄な工事をご提案しないように建物を

調査していきます。

それともう一つ絆が大切にしている事は、

お客様とのコミニケーションです

今後、建物をどのように維持していくのもそうですが

色選びなどもご要望があればお手伝い致します。

 

外壁塗装工事は建物を維持していく為には

必要なメンテナンス工法です。

相模原市・町田市・八王子市にお住いの

お客様には自信を持って

ご提案させて頂きますので

外壁塗装工事に関する事は

お気軽にご相談ください

 

他社に見積もりさせたけど今一不安という

お客様からの相談も多数受けていますので

遠慮なくどうぞ・・・・