【町田市】
アパートの屋根塗装塗り替え工事

町田市の、2階を賃貸物件として貸し出しているアパートの屋根塗装塗替え工事です。2回目の塗り替えで汚れや苔も目立っていたこと、また雨漏りが発生してしまい、施工を決められました。
水をかけて雨漏り箇所の漏水検査をしたところ、結露が原因だった可能性がありました。窓回りのシーリングの打ち替え工事も同時に行い、屋根塗装はシリコン塗料でコストを抑え予算内に収まるよう施工しました。

【相模原市】
住宅の屋根塗装塗り替え工事

ベランダの天井(地面から見た天井)が落ちそうだというご連絡をいただき駆けつけました。5cmほど落ちてきていて、その日の9:00にご連絡いただき14:00には調査に伺いました。台風の影響で軒下に水が回ってしまい、一部損害保険を申請。
放置してしまうと更に落ちてくることが予想されたため、見積もりの前にその日のうちに足場を組み、落ちそうな箇所を撤去し、養生まで施しました。
築16年程で、屋根はスレートにヒビが入っている箇所があったため、部分補修で対応。軒下の交換工事、屋根塗装、外壁塗装、シーリングの打ち替え工事で見違える美観と耐久性を取り戻しました!

【相模原市】住宅の屋根補修工事
【保険認定額】100万円

Before

木造住宅の棟板金が破損した事例です。一度浮いてしまうと雨漏りにつながります。棟板金の釘は風が吹いた時や、熱で膨張と収縮を繰り返しでゆるんでいきます。そのため、釘が浮いてる板金の下に突風が吹けば最後、剥がれ飛んでしまうのです。

After

棟板金の補修に加え、スレート(平らな屋根瓦)の経年劣化も補修しました。

【相模原市】住宅の屋根補修工事
【保険認定額】50万円

Before

台風により屋根下の軒天が損壊した事例です。下からの突風により板が外れていました。屋根下の軒天は特に台風時に壊れやすい場所です。

After

修復後、軒天は無事に元の姿に戻りました。保険に加入していればこのような自然災害でも急な出費をせずに補修工事ができる場合があります。

  • 棟板金
    釘が浮いていないか、棟板金自体が浮いてしまっていないかをチェックします。
  • スレート表面
    屋根塗装の前には、スレート表面をチェックし、チョーキングなどが起こり建材の地が出てしまっていないか確認。
  • スレートのひび割れ
    スレートのひび割れがある場合は、一部だけ差し替えを行うことで、価格を抑えて補修が可能です!
  • 下地の野路板
    赤外線カメラを使って、スレートの下に水が入っていないかをチェックします。
  • 雪止め
    しっかり雪止めが止まっているかを確認します。これらも部分補修が可能です。

撮影した写真をまとめた屋根の診断書をご提出し、ご報告に伺います

絆では、この様な屋根の調査を行った後に撮影した写真をまとめた屋根の診断書をご提出しています。
調査に伺うのは自然災害調査士の資格をもった、屋根調査のプロフェッショナルです。
お客様アンケートでは、90%以上の方が、報告書のきめ細やかな説明が発注の決め手となったとご回答頂いています!

外壁・屋根塗装の業界で20年以上の経験を持つ施工管理者が説明するから細かいご質問にもその場で回答できる!

お住まいの調査には、塗装業界20年以上の施工管理者が伺います。これまで携わってきた住宅は1000棟を越え、必要な工事と、今やらなくても良い工事を明確にお伝えしています。
施工管理として現場を実際に見てきているからこそ、施工の細部まで把握しており、お客様の不安に一つ一つ丁寧にお答えすることができるのです!


この違いを目の当たりにしてください。

Before

After

         

真夏の屋根の温度は素手で触ればやけどしてしまうほどの高温になっています。特に日本で一番普及しているスレート屋根(板状の材を何枚も張り合わせる屋根)は屋根材そのものの厚みが薄く非常に高温になりやすいのが特徴です。しかし遮熱塗料によってご覧の通り裸足で歩けるほど屋根表面の温度上昇を防ぐことができます。遮熱塗料は夏場のモワっとする室内の暑さを和らげ、海外の熱帯地域などにある大手企業の工場などにも採用されています。

  • 塗面温度が
    15〜20℃軽減

    遮熱塗料を屋根表面に塗布することで日光を反射させ、室内の温度上昇の原因である屋根内側にこもりやすい熱の発生を防ぎます。

  • 真夏のエアコンが
    28℃でも快適

    夏場のヒートアイランド現象により24時間エアコンを稼働させなければ過ごせないという声を耳にします。遮熱塗料はエアコンの設定温度を抑えても快適に生活できる空間をつくります。

  • 子供たちに
    節電の意識が付く

    遮熱塗料を採用したお客様からよく伺うのは、ご家族やお子様に節電の意識が付いたというお話です。電気の付けっぱなしがなくなったなど、副次的効果も期待できます。

  • 遮熱・断熱塗料

    アドグリーンコート(日本中央研究所販売)

    • 耐久年数:約10年
    • 料金:2000円/㎡

    ヒートアイランド対策のために設計されており、放熱にこだわった冷めやすい遮熱塗料です。塗膜表面を外気を同程度に抑え、室内への熱ごもりを抑制します。

  • 遮熱・断熱塗料

    ガイナ(日進産業)

    • 耐久年数:約10年〜13年
    • 料金:3500円/㎡

    夏の冷房への効果に加え、冬場の暖房効果の改善も評価されている塗料です。最も強いセラミックの多層化により優れた耐久性を実現しています。

  • シリコン

    サーモアイ(日本ペイント)

    • 耐久年数:約10年〜12年
    • 料金:1800円/㎡

    上塗りと下塗りの遮熱効果を最大限に引き出した、ダブルの反射により高い遮断効果を実現しています。上塗りには「赤外線透過テクノロジー」が採用されています。

  • シリコン

    アレスクール(関西ペイント)

    • 耐久年数:約10年〜12年
    • 料金:1800円/㎡

    上塗りを透過した一部の赤外線も下塗り塗料により効率よく反射します。夏場のエアコン代最大40%の節約で家計にも嬉しい。