2022.11.15 ブログ

相模原市と町田市冬の塗装

冬の塗装工事で気をつける事

冬は夜露(よつゆ)の影響もあり、

午前中に作業ができないこともあります。

夜露とは、夜の間におりる露のことで、

冬は夕方から気温が急激に下がるので

夜露が発生しやすい時期になります。

寒暖差が激しければ激しいほど

夜露は多く発生します☃️☃️☃️

夜露が発生すれば外壁に水滴が

付着している状態になりますから、

十分な乾燥が必要になるわけです☀️☀️☀️

冬の塗装開始時間は、

夜露の状態を見て決める必要があります

ので、職人の見極めがキモになります。

目視して触って湿りけがあれば

塗るません💧💧💧

業者によっては仕事を早く終わらせようと

夜露の状況を加味せずに塗装をし、

トラブルへと発展します。

問題は数ヶ月〜数年先に

訪れる

厄介なのが、この問題はしばらく経過した

後に起こります。

剥がれです!水分が付着している上に

塗料を塗ると剥がれます!💦💦💦

早くて1ヶ月後くらいから表面が割れ

始め、剥がれてきます。

冬は、気温も低く日照時間も短いため、

通常の季節よりも塗膜の乾燥に🌈🌈🌈

時間がかかります。また、

乾燥中に気温が5度以下になった場合、

塗膜が凍結してしまう可能性があります

特に、使用する塗料が水性塗料の場合、

水で希釈するため凍結する 

可能性が高くなります❄️❄️❄️

冬では、塗料の乾燥時間を正確に

見極めることが非常に重要となります。

 

冬場の塗装は狙い目

冬場の塗装工事は、

屋根15時まで、

外壁は11時〜16時までなど

気温や天候により、作業時間が短くなります

 

本来なら作業時間も短く、

施工側も条件が悪い為、金額が高くなる

と思うでしょうが、逆です。

やはり冬場の塗装は人気がありません😭

 

ですので、冬場の塗装工事価格は

ギリギリまで安くする傾向があります。

信頼の出来る人気の塗装会社も

冬場は(1月〜2月の施工)10%前後の

値引きしていますので、

交渉してみる価値はあります!

 

また、近年では冬場、

最適に塗れる塗料などの開発も進んでいます

プラスα(アルファ)

機能ダイナミック強化剤による

高い付着力

高湿度な環境や湿潤面への塗装

関西ペイントは独自の緻密・

強靭塗膜形成技術により高い付着力を

発揮します。

下・中塗材「アレスダイナミックフィラー」

さらに「ダイナミック強化剤」

と組み合わせることで、

従来は塗装できなかった湿潤面への

塗装も可能になりました。

 

以上の事から冬場の塗装工事は

信頼のおける業者に

工事をしていただく必要があります。

 

相模原市

町田市で冬場の塗装工事をお考えの方は

株式会社絆にご相談ください。