2020.3.11 ブログ

町田と相模原のシーリング工事はお任せ

相模原と町田の

シーリング工事を担当

しているのが葛西親方率いる

シーリング専門部隊

爽やかな笑顔を本人は出しているつもりでしょうが・・・

 

外壁改修工事には

欠かせないシーリング工事

大きな面積を塗っていく塗装工事と違い

細い部分にシーリングを充填していく為

手先の器用さも必要となってくる

 

シーリングを専門で施工する

葛西親方とタッグを組んでから

すでに10年が経過している

 

何が言いたいか・・・

 

スポーツ同様

工事現場も

チームワークが必要なんです

 

個の技術と

チームワークが揃わないと

一つの現場が工程通りに進まない

仕上げが雑になる

シーリングと塗装どっちで見切りを

出すの? なんて事が現場では起きている

10年間も一緒に工事を進めていると

お互いに何を求めているのか?

どうすればお客様にとっても最適なのか

塗装屋さん防水屋さん・・・大工さん・・

屋根やさんがやりやすいのか?

など・・・・お互いが・・・

次工程の事や工期なども

しっかりと考えてくれるようになる

 

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

 

上のイケメンも・・・もう10年近い付き合いになる

こっちの笑顔は本物です

やっぱり爽やかだな~~~

 

 

シーリング工事の道具も実は沢山ある

ヘラと言われる道具も

 

先が□四角になっているものや

丸くなっているものがありますが

 

その建物のシーリング箇所によって

自作で作ります

 

 

てっぽうみたいなこれ

 

その通りガンです

 

この中にシーリング材を

 

ちゅ~~と入れ込み

 

今度は建物の隙間に

 

充填していきます

 

シーリングの施工例などは

他のブログなどにも載せてありますので

ご覧ください

 

株式会社の強み

 

協力業者の安定

職人の安定

工事現場のチームワーク

 

仲良しチームではなく

 

一つ一つの現場を

スムーズに円滑に

そして、お客様の期待以上の仕上がりに

するために、長期に渡り建物を保護

する為にはどんな工法が良いのか?

 

信頼して工事を任せてくれた

お客様の為に

業種を超えて考えられる

チームkizuna

 

町田市・相模原市の外壁塗装工事

シーリング工事は

株式会社 絆にご相談下さい

 

フリーダイヤル

 

0120-703-452

 

 

 

loading